脂肪溶解注射をして、夏までにスリムな身体を手に入れよう

ダメージを残さない

傷跡を残さないようにするために

ほくろは、美容外科でのレーザー治療によって消すことができます。大きくて色の濃いほくろでも、膨らみのあるイボのようなほくろでも、除去して肌を白く滑らかにすることができるのです。 ほくろ除去に使われるレーザーは、水に反応する炭酸ガスレーザーです。ほくろの中には水分があるので、炭酸ガスレーザーはそれに反応して、ほくろを一瞬で蒸発させます。血液も水分なので、一緒に蒸発します。つまり出血もないわけです。 非常に強力なレーザーですが、しかしだからこそ肌がえぐられて傷跡が残る可能性があります。特に大きなほくろを除去する場合は出力を上げることになるため、その可能性は高くなります。それを防ぐためには、複数回に分けてレーザー照射をおこなうことが大事です。一瞬でほくろ除去をすることもできるのですが、あえて回数を重ねて照射することで、安全性を高めることができるのです。

メラニン色素の活性化を防ぐことが大事

ほくろは、メラニン色素の塊です。メラニン色素は、紫外線を浴びることで肌で多く作り出されるので、紫外線を浴びれば浴びるほど、ほくろは増えたり大きくなったりします。 また、体毛もメラニン色素の塊です。ほくろができている部分では、特にメラニン色素が活発になっているため、体毛が生えてきやすいです。中には、ほくろから何本も太い体毛が生えているという人もいます。 こういったことを防ぐためにも、紫外線によってメラニン色素を活性化させないことが大事です。また、ほくろができたら早めに美容外科でレーザーによるほくろ除去をおこなっておく必要があります。そうすることで、ほくろが成長することも体毛が生えてくることもなくなります。ほくろ除去後も、紫外線を浴びないようにすることで、ほくろの再発は防がれます。

Copyright (c) 2015 脂肪溶解注射をして、夏までにスリムな身体を手に入れよう all reserved.