脂肪溶解注射をして、夏までにスリムな身体を手に入れよう

安心な施術

注射を打つだけで痩せることができます

 美容外科の痩身治療に興味はあっても、脂肪吸引の手術はリスクが大きいので受けたくないという人が少なくありません。確かに、確実に痩せるためには脂肪吸引の手術が最適です。しかし、かなり大掛かりな手術であるため、体に大きな負担がかかります。術後2〜3週間程度は痺れや腫れ、痛みなどの症状が続きますので、日常生活にも支障が出ます。でも、脂肪溶解注射であれば、術後の痛みや腫れはせいぜい1週間程度でおさまります。また、注射を打つだけで治療が完了しますので、忙しい人でも気軽に治療を受けることができます。一番大きなメリットは、安い費用で治療を受けられる点です。脂肪吸引手術の場合は、50〜80万円前後の出費を迫られることになりますが、脂肪溶解注射であれば、1本2〜3万円前後の料金設定になっています。

痛い治療が苦手な人は

 脂肪溶解注射を打つ際に用いられるのは、極細の注射針です。とても細い針が使用されるため、針を刺す痛みはほとんど感じられません。そのため、多くのクリニックが麻酔なしで脂肪溶解注射を打っています。でも、痛みに弱いという自覚がある人や、治療に対して不安感を抱いているような人は、麻酔を施してもらうようにした方がよいかもしれません。脂肪溶解注射を警戒する気持ちを持っていると、知らず知らずのうちに体が防御態勢を取ってしまいます。そうすると、注入した薬剤の効き目が弱められてしまいますので、麻酔を施してもらってリラックスして治療を受けるようにするのが望ましいです。医師に頼めば、局所麻酔や静脈麻酔を実施してくれます。麻酔代が別にかかることになりますが、不安を感じずに治療を受けることができます。

Copyright (c) 2015 脂肪溶解注射をして、夏までにスリムな身体を手に入れよう all reserved.